インフルエンザの予防法Topへ

 >  病気についての情報
 >  キラーウイルスの逆襲―SARSとの闘い、そして共存へ

キラーウイルスの逆襲―SARSとの闘い、そして共存へ

キラーウイルスの逆襲―SARSとの闘い、そして共存へ

畑中 正一

キラーウイルスの逆襲―SARSとの闘い、そして共存へ

定価: ¥ 1,680

販売価格:

人気ランキング: 389317位

おすすめ度:

発売日: 2003-10

発売元: 日経BP社

発送可能時期:



タイムリーな一冊
2003年12月・・・再び世界はSARSウイルスの再来に
怯えている。しかし、多くの医師を初めとする医療関係者・研究者
の努力により少しづつで有るがSARSの実体が分かってきている
という内容だと思っていたのだが・・・
実際、SARSについてこんなところまで分かっとるんか!?
というのがこの本を読んだ率直な感想である。
最近のDNA解析の速度には圧倒されるばかりである。
ワクチンも近い将来にできそうな期待を感じさせてくれる。
また、分子生物学についても易しく解説してくれているので
RNAやリボゾーム、転写といった基礎的な分子生物学
の知識の生理にも役立つと思う。
これからインフルエンザ・SARSの来襲が予想される中で
いままでのSARSや分子生物学の知識を整理する上でタイムリー
な一冊といえよう。

ブックマークに追加する

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://uranutes.net/mt/mt-tb.cgi/17826

インフルエンザの予防法Top >  病気についての情報 >  キラーウイルスの逆襲―SARSとの闘い、そして共存へ



Google


▼ カテゴリー

▼ 関連サイト

▼ RSS

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

track feed

My Yahoo!に追加

Add to Google

  • seo
Supported by 楽天ウェブサービス